カントリーロード

人生がわからない。とりあえず自分の葬式代を貯める。透明人間。

私の人生にもう逆転はないのか

最近、もう自分の人生は終わってしまったのだという気持ちが止まらない。

だってそうだろ。

もう30間近だ。

ろくな経験してきてない。

技術力も持ってない。

相変わらず潔癖症だし、相変わらず馬鹿だ。

人とコミュニケーションをとるのも苦手だ。

 

ほんとは私だって普通の30歳みたいに振る舞いたいのだ。

だけど、それができない。

ほとんどの人が普通にできることができないのだ。

じゃあその先に待つのは何なのかなんて決まっている。

絶望だ。

 

最近では自殺が有力な選択肢になりつつある。

やっぱこのままだらだら人生続けてもつらいだけなのよ。

そりゃしないにこしたことはないと思うけどね。

ブッサイクな顔出しさ、体型もデブ、馬鹿、そりゃ生きてる価値ねーよ。

なのに生きろっていう人間は、私に生きる価値みせてくれませんかね、って話。

 

現実逃避にももう飽きた。

逃避しても幸せはないし、おもんないし、私が主人公の物語なんて無理だし。

実家で静養して精神回復して、それでどうすんのよ。

その先、どうすんの。

何もないじゃん。

ってか、治るのかっていう……。