カントリーロード

人生がわからない。とりあえず自分の葬式代を貯める。透明人間。

「ミッシングワーカー」を見て

ミッシングワーカーという、親の介護のために仕事も就活もできず、いつの間にか歳だけとっていく…。

そして求職者としてもカウントされていないから、サポートを受けづらい人間……。

そんな人達を特集した某局の番組を見た。

 

自分の未来をみたような気がしたね。

両親の介護をしながら、両親の年金をあてにして、暮らしている人などが出ていた。

そして両親が死んで年金もなくなって途方に暮れる……。

その他には親に高齢者施設に入ってほしくても本人が拒否するから世話をせざるを得ない人など、色々いた。

 

まあでも一つ感じたのは、自分だけじゃないんだな、自分みたいな大人もいるんだなってことです。

 

(実際的or精神的に)一人ぼっちで高齢で暮らしてる人もいるんだなって。

出てきた当事者は全員独身でした。

私も辛いけど、まだ若いから耐えれていると思うんですよ。

カービィのソフビ買って和んでるレベルです。

でも独身高齢者で孤独って半端ないと思いますよ。

生きてる意味考えるしか、もうやることないじゃん

 

社会はさ、甘くねえよな。

実際さ、今の年齢で手取り20万が夢物語なわけよ。

絶対良い未来待ってるわけねえじゃん。

 

しゃあないよね。

だらだら生きてたら文句いわれるけどさ、「じゃあ、あんたがなんとかしてくれよ」って話。

 

努力でどうにかしろっていうけど、できねえんだって。

努力してもこなせねえ人間もいるんだって。

努力が報われる時代でも、なくなってきてるんだって……。