カントリーロード

人生がわからない。とりあえず自分の葬式代を貯める。透明人間。

親より早く死ぬのが、現状最もコスパがいい

正直、もう私がどんなにがんばっても、親以上の地位につくのは無理だろう。

親以上の収入も無理。

今からの逆転はない。

アラサー無職だもん

 

ついでにいうと、学歴もない。

能力もない。

コネもない。

体力もない。

友人もいない。

恋人もいない。

貯金もない。

 

今までに稼いだ最高月収は18万だ(額面か、手取りかは忘れた)。

残業とかがやたら多かった月で、それ。

だって時給700円台だったし。

ボーナスは受け取ったことがない。

フルタイムで続いたのがパートだけだったから。

 

業務中の運転では車を4回ぶつけた。

人んちの生け垣を削り花壇を破壊し、駐車場で客の車のミラーをへし折った

 

事務仕事は全く覚えられなかった

伝票の付け方とか、諸々。

説明されても何のこっちゃである。

 

何故できないのか、と言われてもわからん。

できんのだからできんのだ。

努力うんぬんじゃない。

必死に頭は使ってる。

そう、必死だったのだ。

毎日毎日、きつかった。

傍から見たらたいしたことないことでも、私には大変なことだったのだ。

今、もう一度やれといわれても無理だろう。

 

だから私はA型作業所に行く。

今はフルタイム労働は無理。

体力が持たない。

しばらく一般就労からは距離を置こうと思う。

利益とか売上とか、出せる人間じゃないのよ……私は。

それで生活が成り立つのは親がいるからだ。

持ち家だし、親が働いているから。

だから生きていける。

 

今、私は幸せじゃない。

つらい、きつい。

そんな中、これ以上生活水準を落としたら、もうほんとにやるせなくなってしまう。

だから今の生活水準が維持できる……親が生きている間に、死にたい

一番は寿命が来るのが最高だね。

そうすれば、地獄を見る前に…ぬるま湯に浸ったまま人生が終わる。

それはとても素敵なことだと思う。

今はゆっくりとした自殺をしている状態だ。

 

子供はみな、最低でも親以上の生活ができるはずと思って、幼少期を育つと思う。

私もそうだった。

当然、親父くらいは稼げる人間になると思ってた。

現実にはそんなこと、夢物語だった。

それがわかったとき、すごく悲しかったことを覚えている。

 

今は悲しいというか、虚しい。

だってもう何もない…というかあっても苦しみだけじゃん、この人生。