カントリーロード

人生がわからない。とりあえず自分の葬式代を貯める。透明人間。

小学校時代の話

小学校1年の時はお調子者でクラスの人気者だったから、クラスでやる劇の主役をやった。

勉強も結構できる方だったかなと思う。

ただ給食の牛乳が飲めなくて、凄く苦労した。

 

小学校2年の時も相変わらずお調子者で人気者だった。家がテレビゲーム禁止の家だったので、友達(Mくん)の家でゲームをやらせてもらうのが楽しみだった。

でもMくん側からしたら、私は自分のプレイを見せつける観客のようなものだったらしく、やらせてもらう時間よりも、プレイしてるところを見せてもらう時間のほうが圧倒的に長かった。

たまにプレイさせてもらっても、私はヘタクソなのですぐに死んでいた。

やっていたゲームはロックマンX(数字は忘れた)が多かったと思う。

 

小学校3年のときはもうクラスの人気者じゃなかった。

なぜか仲良しの女子がいて、その子と一緒に遠足でご飯を食べたりして、周囲からからかわれていた。

でも異性としてはみてなかったな(向こうも多分そうだろう)。

単純に気があっただけだと思う。

転校生の子がいて、可愛らしくて、よく話もしてて惹かれてた気がする。

また転校して行ったけど。

 

小学校4年の時も相変わらずクラスの中堅ポジション。

カースト上位になんとなく媚び売っていた気がする。

ポケモン金銀が発売された年で予約に数時間並んだ覚えがある。

ポケモン金銀のために泣いて親にゲームボーイカラーを買ってくれと頼んだのだ。

お小遣いを貯めて銀を買った。

ルギアがかっこよく見えたから。

最初のポケモンヒノアラシを選んだっけ。

昼夜の概念があることに衝撃を受けたな。

電池が何本あっても足りなかったよ。

 

小学校5年、ここが人生のターニングポイントになった。

それまでもイケメンや可愛い子は人気があったけど、不細工やブスがいじめられたり馬鹿にされるということはあんまりなかった。

けど、この年齢くらいから見た目の美醜に対する意識が変わるのか、不細工やブスがいじめられるようになり、見事に私もその対象に。

特に野球やサッカー・バスケットクラブ連中を中心にいじめられるようになり、今までそんな経験のなかった私は戸惑い、辛かった。

友達は0になり毎日ランドセルを蹴られたり、休み時間は囃し立てられたりでしんどかった。

実家の2階から飛んでやろうかと思ったが、いじめてる連中に笑われるだけだと考え、やめた。

多分2階から飛んでもどうにもならなかっただろう。

担任に相談したところ、クラスの問題として提起され、クラス内で炎上させられた。

いじめ自体は止まった……のだが、なんだか自尊心を大いに傷つけられた気分だった。

 

小学校6年、前年のいじめ問題もあり、比較的おとなしいクラスへ。

相変わらず野球クラブの連中に馬鹿にされ続けるも、5年のときよりは気楽に過ごせた。

友達は相変わらず0だったけど、日陰のようにぼんやり過ごせた。

来年は中学とかいわれてもピンとこなかった覚えがある。

どうせ楽しくなさそうだったし。

良くも悪くもあまり思い出のない学年。

 

 

適当にササッと書いた。

前田仁さんのホームページに影響されて……。

彼は結構詳しく書いてるし、画像もたくさん使ってて凄いよ。

見やすい。

それに比べて私のセンスの無さよ……。