カントリーロード

人生がわからない。とりあえず自分の葬式代を貯める。透明人間。

30代は勇気と覚悟がある人間しか渡れない

私はもうすぐ30になる。

30になると、個々人の感覚としてはどうかはともかくとして、若いとは言いづらくなるんではないだろうか。

そして、自分の立ち位置が決まる年齢でもあると思う。

勝ち組と負け組が明確に決まり、動かなくなる気がするのだ。

 

20代はまだ逆転の目が残されていたような気がするけど、30代には逆転はない。

それまで積み上げてきたものをどう駆使して生きていくかだ。

30代までまともに働いてこなかった人間が年収300万なんて夢のまた夢だろうし、それまで異性に相手にされてこなかった人間が、結婚なんていうのも夢のまた夢だろう。

今の年齢まで友人0の人間に、これから友人ができるはずもない。

そもそも好意的に見てくれる相手がいたとしても、その相手を信用できないし、どう扱えばいいかわからない。

だから私は一生孤独なのだ。

 

毎日毎日、老いる自分に気が狂いそうだ。

私は30歳を迎えたくない。

永遠に夢を見ていたい。

働いても月収10万以下の現実なんて、直視したくない。

今まで女性に気持ち悪がられたことがあっても、好意を持たれたことがない現実からも、目をそらしていたい。

友人が一人もおらず、話し相手は母親しかいない現実からもだ。

これは私じゃない。

こんなの私の人生じゃない。

続きを読む

生きるには目的がいる

ある程度の年齢になると生きるのには目的がいる様になると思う。

家族の為でもいい。

応援しているアイドルのためでもいい。

アニメ見るためでもいい。

ソシャゲやるためでもいいと思う。

 

でも私には何にもない。

何もないのに生きている。

こりゃあつらいぜ、まいったぜ。

 

何にもないのに生きて働いて老いて死ぬ。

悲しすぎるだろ、こんな人生。

でもそういう人生歩んでいる人って結構多いのかもね。

表に出てこないだけでさ。

 

短文だし中身もない文章だけど、中身のない毎日送ってるからそうなるのもしょうがない。

 

なんかさ、もう毎日がゆっくりとした自殺なわけよ。

ただただ、ほんのちょっぴり死(寿命)へ向かってる感じ。

そりゃ憂鬱にもなるよ。

どうすりゃいいんだよ。

残ったことをコツコツと消化していく日々

昨日は朝8時30分に起きた。

ほんとは8時にタイマーセットしてたんだけど、二度寝だ。

その後、駅まで親を迎えに行った。

親と合流後に精神科へ。

自分の症状を、医者から親に説明してもらいたかったのだ。

どうなんだろう。

親はわかってくれたのだろうか。

なんとなく、医者の説明はおざなりな気がした。

なんとなく、だけど。

 

その後は駅近くの飲食店で食事をした。

会話は盛り上がらない……というか思いつかなかった。

そして親が欲しいものがあるというので、駅近くの商業ビルを見て回った。

その後、解散。

 

家に帰ってから、私は冷蔵庫と洗濯機の掃除をした。

といっても、外側をかるく拭くだけだ。

内部はきれいだったので、何もしなかった。

もうすぐ一人暮らしをやめ、実家に帰るのだ。

 

その後リサイクル業者が来て、冷蔵庫と洗濯機、それに自転車を持っていってもらった。

業者の人は明るく丁寧で、買い取り料金は、当初の予定からちょっと上乗せしてくれた。

ありがたい。

 

その後は冷蔵庫と洗濯機がなくなったところに掃除機をかけ、コンビニでおにぎりを買ってきて夕食を済ませた。

おおよそ荷造りは終わってるけど、今日残りを全部してしまおうと思っている。

 

この街とも、もうお別れなんだなと思うと寂しさが……湧いてこないな。

なにしにこの街に来たんだろう、って感じ。

ただただ金使っただけだった。

もう残りの人生は実家で過ごすと思う。

 

今回の一人暮らしに意味があるとすれば、他人のサポートなしの生活は自分には無理だということがわかったことくらいか。

無為な一日

今日は昼過ぎに起きた。

午前中の9時頃に一度目が覚めたのだけれど、金縛りのように体が動かず、そのまま寝直したのだ。

その後、軽くネットをしたあと、身だしなみを整え、外に出た。

銀行と整骨院に行くためだ。

その2つで用事をすませたあとは、そのまま自転車で繁華街に向かった。

 

繁華街には多くのビジネスマンやOLがいた。

私も彼ら彼女らのようになりたかったけど、なれなかった。

キャラクターグッズの店をはしごした。

でも私の好きなカービィのグッズはどちらにもなくて、あまり魅力的には感じなかった。

その後、少し早い夕飯として松屋で牛丼を食べた。

280円。

それだけしか夕食にかけられない自分が情けなくなった。

その後は書店で新書等を物色。

どれもこれも帯の謳い文句が大きいのなんの。

見ててイライラした。

 

この街にいるとき、自分はいつも「何でこんなことになってしまったのだろう」と考えている気がする。

笑いながら歩いている人と私、そんなに差があるのだろうか。

たぶん彼らは困難からも逃げずに人間として成長してきたのだろう。

f:id:rokuharayasuto:20180613195142j:plain

私は逃げてばかりだった。

これからも逃げるのかもしれない。

立ち向かう体力がない。

今を見ろというけれど

うつ病関連の本とかを読むと「自分の生きる意味とか考えちゃうけど、そんなの考えなくていい。無駄だしうつを促進させるだけ」とか「ともかく休むこと。焦るだろうけど、ゆっくりする」とか書いているけど……いや無理だって、自分の生きる意味考えちゃうし、行動しなきゃと焦るよ。

そういう年齢だもの。

 

今思えば、自分は我慢ができなかった。

どの仕事も一応時間はくれたじゃないか。

なのにどれも、自分にはこの作業は無理だと思ってしまった。

普通の人だったら、耐えられるであろう環境に、耐えることができなかった。

がんばることができなかったのだ。

 

ホワイトカラーにもブルーカラーにもなれなかった人間の行き着く先って、どこなんだろう。

ブラックカラーならぬ、ブラック企業

はは、続かねーじゃん、それ。

 

私はちゃんとした大人になりたかった。

誰かに認められたかった。

愛されたかった。

両親は私のことを愛していたつもりかもしれないけれど、私自身はあまり感じなかった。

なので友人とか恋人がほしかったのよ。

そんなの高望みだったのにね。

 

自分の家庭だってほしかったぜ。

結婚はできると思っていた(子供は想像できなかったけど)。

旧家(古いってだけの意味ね)の長男として、しっかりしていかなければ、という矜持もあった。

でも全部、社会に出たときに吹き飛んだ。

 

何やっても人よりどんくさいんだもん。

学生の時からそうだったけどね。

でも「これはほんとの俺じゃない」って言い聞かせてた。

で、真面目に生きているつもりだった。

それを誰かがいつかわかってくれると思ってた。

誰もわかってくれるわけがなかった。

社会の甘さ甘くなさ以前の問題で、何かしら意思表現しなかったら、誰にも真面目さすらもわからないのだと知った。

 

だから戦わなくちゃいけなかった。

不器用な自分と。

メンタル薄弱な自分と。

けど結局それから私は逃げてしまった

 

今は割と精神的なことに理解のある社会になってきたように思う。

障害者雇用とか、A型作業所とか、福祉就労とか、普通の人間では耳にしない単語だったろう。

私も高校の頃は知らなかった。

でも、結局それらは国の補助にぶら下がることだ。

悪いということじゃない。

けど国の方針に右往左往することになる。

果たして、それはほんとうに安定している収入といえるのだろうか。

 

結局は私の努力不足がすべての原因なのだろう。

もっと早く現実を見つめ、自分にできそうなことに絞り、進んでいれば今のような状態にはならなかった気がする。

一般就労でも働けたかもしれない。

自分にすごく向いた分野があるのなら。

それを見つけることができていたのなら。

私は見つけることを放棄してしまっていた。

人生が決まってしまった気がする。

私はもうきらびやかな世界にはいけない。

月収手取り20万未満の世界で、いや15万未満の世界で、足掻くのだ。

 

私の人生にもう逆転はないのか

最近、もう自分の人生は終わってしまったのだという気持ちが止まらない。

だってそうだろ。

もう30間近だ。

ろくな経験してきてない。

技術力も持ってない。

相変わらず潔癖症だし、相変わらず馬鹿だ。

人とコミュニケーションをとるのも苦手だ。

 

ほんとは私だって普通の30歳みたいに振る舞いたいのだ。

だけど、それができない。

ほとんどの人が普通にできることができないのだ。

じゃあその先に待つのは何なのかなんて決まっている。

絶望だ。

 

最近では自殺が有力な選択肢になりつつある。

やっぱこのままだらだら人生続けてもつらいだけなのよ。

そりゃしないにこしたことはないと思うけどね。

ブッサイクな顔出しさ、体型もデブ、馬鹿、そりゃ生きてる価値ねーよ。

なのに生きろっていう人間は、私に生きる価値みせてくれませんかね、って話。

 

現実逃避にももう飽きた。

逃避しても幸せはないし、おもんないし、私が主人公の物語なんて無理だし。

実家で静養して精神回復して、それでどうすんのよ。

その先、どうすんの。

何もないじゃん。

ってか、治るのかっていう……。

A型作業所の見学してきた話

先日、A型の作業所を見学してきた。

作業所と呼ばれる場所に行くのは初めてだった。

どういう感じの雰囲気なのかな、と思っていたけど、考えていたよりは普通だった。

 

作業中の方々はみんな私が近くを通ると挨拶をしてくれたり、ニコッと笑ってくれたり。

女性の方だと作業しやすさを考えた服だけども「身なりに気を使ってるなぁ」と思うようなオシャレな方もいたりして、「私より全然みんなしっかりしているなぁ……私が入って、やっていけるかなぁ」と気後れしたくらいだ。

続きを読む